給付金を貰える条件

管理者

B型肝炎訴訟が必要な理由は、B型肝炎になっている人の中から一次感染者と呼ばれる集団予防接種の時に国が認めていた注射針の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染してしまった人と、一次感染者である母親が子供に母子感染してしまった事が原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった人に限ります。

赤ちゃん一次感染者として認められるのは、現在B型肝炎ウイルスに感染しているだけでなく特定時期に集団予防接種等を受けた経験がある事や集団予防接種の時に注射器の連続使用が行われていた事、母子感染の可能性が無い事、さらに集団予防接種以外での感染原因がないことなど厳しい条件があります。二次感染者の定義は、自分の母親が一次感染者の要件をすべて満たしていて、自分がB型肝炎ウイルスにたいして持続感染していること、母親意外に感染経路がなく母子感染であることが条件になります。

B型肝炎訴訟では、これらをそれぞれ証明しなければいけませんので、訴訟では必要な書類を準備しなければいけません。かなりの数がありますので個人ではすべてを集めるのが大変です。その為、専門的な知識が豊富な弁護士に依頼してアドバイスを貰うのもおすすめです。もちろん個人で調べながら訴訟を起こす事もできますが、忙しい方などは特に弁護士に依頼する事をおすすめです。

B型肝炎給付金の額

管理者

B型肝炎給付金は病状の進行具合によって異なります。病状が重ければ重い程給付金が高い傾向にあります。死亡、肝臓がん、重度の肝硬変の場合には3600万円が支払われ、軽度の肝硬変は2500万円、慢性肝炎は1250万円、無症候性キャリアは600万円となっております。

お金B型肝炎給付金を請求する際に注意しなければいけないのが、発症から20年未請求の状態になっているともらえる金額が減ってしまう所です。感染後20年が経過した場合には、治療中の慢性肝炎が300万円、治癒済みの慢性肝炎は150万円、無症候性キャリアは50万円とかなり大幅に減ってしまいます。未請求の状態にした状態のままでもB型肝炎給付金が全くなくなってしまう事はありませんが、本来も受け取る事ができる金額からはかなり少なくなってしまいますので、B型肝炎給付金の請求手続きをするなら一刻も早く請求手続きを行った方が良いと思います。

弁護士に依頼する費用が捻出できない方は、成功報酬で引き受けてくれる弁護士事務所を探して以来すると、自分ではお金を払わずに給付金を受ける事ができます。申請するために必要な検査費用などは給付金の支払いに上乗せという形でほとんど支払ってもらう事ができますので、安心して請求してください。

B型肝炎訴訟

管理者

カレンダーB型肝炎給付金を受け取る為にはB型肝炎訴訟を行わなければいけません。あまり知られていませんがB型肝炎給付金は請求期限があります。B型肝炎訴訟は、これまでは2017年の1月12日までに提訴する必要があったのですが、法改正が行われて2022年の1月12日まで請求期限が延長されました。しかし、期限があるのは事実ですので、なるべく早く訴訟を起こす必要があります。

いきなり訴訟といっても現実味が湧かない方も多いと思います。一般的にB型肝炎給付金を受け取る為のB型肝炎訴訟を起こす場合には、弁護士に依頼する方法をとります。個人でもB型肝炎訴訟を起こす場合もありますが、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼するメリットが大きいのでほとんどの方が弁護士に依頼しています。

弁護士に依頼する方がメリットがあると思っているのが、素人の方では作成する事が難しい裁判所に提出する書面の作成を代わりに行ってくれたり、仕事をしている方では難しい裁判所への出頭なども代りに行ってもらえる事です。しかもB型肝炎訴訟の場合には、国から受け取る事ができる給付金の額とは別に、給付金額の4パーセントが弁護士費用として追加で支給されます。そのため、弁護士にB型肝炎給付金を受け取る為のB型肝炎訴訟を依頼しても経済的な負担が少ないと言えます。

**関連情報**
B型肝炎訴訟を依頼|弁護士法人アディーレ法律事務所

B型肝炎給付金とは

管理者

予防接種最近、テレビのニュースなどでも度々登場しているB型肝炎給付金はどのような物かご存知でしょうか。B型肝炎給付金は、国が行った集団予防接種などの際に、世界では否定的だった注射器の使い回しを行った事が原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった人に支払われる国からの損害賠償金のことです。通常は予防接種を行った医師に請求すると思われるかも知れませんが、国が率先して予防接種を行っていた事や、国が注射針の使い回しを認めていた事もあり、国が責任を負うようになっているのです。

給付金を国が支払う事になっているのですが、B型肝炎になっている方全員が貰えるとは限りません。その理由の一つにB型肝炎という感染症が注射器の使いまわしだけが感染経路ではないからです。注射針の使い回しが原因でB型感染になっている方が大半なのですが、輸血なども感染経路として確立されていますので、B型肝炎の方の中から予防接種の時に注射針を使い回しした事が原因の方にだけ給付金を支払う必要があるからです。

しかし、B型肝炎給付金であったりB型肝炎給付金の請求手続きに関する内容はあまり知られていませんので、しっかりと理解しなければいけません。そこでこちらのページでは、B型肝炎給付金を請求される方のために、必要な情報をまとめてみました。これからB型肝炎給付金を請求される方のために必要な情報だけをまとめましたので参考になると思います。お時間を見つけてぜひ一度チェックしてみてください。