B型肝炎訴訟

管理者

カレンダーB型肝炎給付金を受け取る為にはB型肝炎訴訟を行わなければいけません。あまり知られていませんがB型肝炎給付金は請求期限があります。B型肝炎訴訟は、これまでは2017年の1月12日までに提訴する必要があったのですが、法改正が行われて2022年の1月12日まで請求期限が延長されました。しかし、期限があるのは事実ですので、なるべく早く訴訟を起こす必要があります。

いきなり訴訟といっても現実味が湧かない方も多いと思います。一般的にB型肝炎給付金を受け取る為のB型肝炎訴訟を起こす場合には、弁護士に依頼する方法をとります。個人でもB型肝炎訴訟を起こす場合もありますが、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼するメリットが大きいのでほとんどの方が弁護士に依頼しています。

弁護士に依頼する方がメリットがあると思っているのが、素人の方では作成する事が難しい裁判所に提出する書面の作成を代わりに行ってくれたり、仕事をしている方では難しい裁判所への出頭なども代りに行ってもらえる事です。しかもB型肝炎訴訟の場合には、国から受け取る事ができる給付金の額とは別に、給付金額の4パーセントが弁護士費用として追加で支給されます。そのため、弁護士にB型肝炎給付金を受け取る為のB型肝炎訴訟を依頼しても経済的な負担が少ないと言えます。

**関連情報**
B型肝炎訴訟を依頼|弁護士法人アディーレ法律事務所