B型肝炎給付金の額

管理者

B型肝炎給付金は病状の進行具合によって異なります。病状が重ければ重い程給付金が高い傾向にあります。死亡、肝臓がん、重度の肝硬変の場合には3600万円が支払われ、軽度の肝硬変は2500万円、慢性肝炎は1250万円、無症候性キャリアは600万円となっております。

お金B型肝炎給付金を請求する際に注意しなければいけないのが、発症から20年未請求の状態になっているともらえる金額が減ってしまう所です。感染後20年が経過した場合には、治療中の慢性肝炎が300万円、治癒済みの慢性肝炎は150万円、無症候性キャリアは50万円とかなり大幅に減ってしまいます。未請求の状態にした状態のままでもB型肝炎給付金が全くなくなってしまう事はありませんが、本来も受け取る事ができる金額からはかなり少なくなってしまいますので、B型肝炎給付金の請求手続きをするなら一刻も早く請求手続きを行った方が良いと思います。

弁護士に依頼する費用が捻出できない方は、成功報酬で引き受けてくれる弁護士事務所を探して以来すると、自分ではお金を払わずに給付金を受ける事ができます。申請するために必要な検査費用などは給付金の支払いに上乗せという形でほとんど支払ってもらう事ができますので、安心して請求してください。