給付金を貰える条件

管理者

B型肝炎訴訟が必要な理由は、B型肝炎になっている人の中から一次感染者と呼ばれる集団予防接種の時に国が認めていた注射針の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染してしまった人と、一次感染者である母親が子供に母子感染してしまった事が原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった人に限ります。

赤ちゃん一次感染者として認められるのは、現在B型肝炎ウイルスに感染しているだけでなく特定時期に集団予防接種等を受けた経験がある事や集団予防接種の時に注射器の連続使用が行われていた事、母子感染の可能性が無い事、さらに集団予防接種以外での感染原因がないことなど厳しい条件があります。二次感染者の定義は、自分の母親が一次感染者の要件をすべて満たしていて、自分がB型肝炎ウイルスにたいして持続感染していること、母親意外に感染経路がなく母子感染であることが条件になります。

B型肝炎訴訟では、これらをそれぞれ証明しなければいけませんので、訴訟では必要な書類を準備しなければいけません。かなりの数がありますので個人ではすべてを集めるのが大変です。その為、専門的な知識が豊富な弁護士に依頼してアドバイスを貰うのもおすすめです。もちろん個人で調べながら訴訟を起こす事もできますが、忙しい方などは特に弁護士に依頼する事をおすすめです。