管理者

予防接種最近、テレビのニュースなどでも度々登場しているB型肝炎給付金はどのような物かご存知でしょうか。B型肝炎給付金は、国が行った集団予防接種などの際に、世界では否定的だった注射器の使い回しを行った事が原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった人に支払われる国からの損害賠償金のことです。通常は予防接種を行った医師に請求すると思われるかも知れませんが、国が率先して予防接種を行っていた事や、国が注射針の使い回しを認めていた事もあり、国が責任を負うようになっているのです。

給付金を国が支払う事になっているのですが、B型肝炎になっている方全員が貰えるとは限りません。その理由の一つにB型肝炎という感染症が注射器の使いまわしだけが感染経路ではないからです。注射針の使い回しが原因でB型感染になっている方が大半なのですが、輸血なども感染経路として確立されていますので、B型肝炎の方の中から予防接種の時に注射針を使い回しした事が原因の方にだけ給付金を支払う必要があるからです。

しかし、B型肝炎給付金であったりB型肝炎給付金の請求手続きに関する内容はあまり知られていませんので、しっかりと理解しなければいけません。そこでこちらのページでは、B型肝炎給付金を請求される方のために、必要な情報をまとめてみました。これからB型肝炎給付金を請求される方のために必要な情報だけをまとめましたので参考になると思います。お時間を見つけてぜひ一度チェックしてみてください。